仕事をする上で重要な、現在の「読み書きそろばん」とは??

実際の運営について
Facebook

「読み書きそろばん」という言葉があります。

仕事をする為に、もしくは社会で生きていく為に必要な能力として、昔から言われている能力です。

この3つは、現在の仕事をする上でも少し置き換えると必要な能力となります。

それぞれの能力について

読み

まずは、読みとは、つまり本を読む能力、もちろん単に読めるというだけではなくて、内容をよく理解出来る事を表しますね。

仕事をする上では、契約書や、マニュアル、HPや本を読む事は、避けて通れないです。さらに今では、外国語の能力も求められてきています。

英語は当然として、中国語やスペイン語なども世界でビジネスをするには、必要ですね。私は、英語は、毎日簡単に日記を英語で書く事にしています。

その日に会った事を思い出して、寝る前にアプリに書いていきます。

継続はまさに力です。大学受験で勉強した知識の中には、忘れているものもあるので、とても勉強になります。

書き

書きとは、文章を書く能力と置き換えてもいいと思います。

仕事がら大量の文章を書きます。このプログもそうですし、FBに投稿したり、仕様書を書いたり、ビジネスコンクールへの応募の書類や、役所関係の書類もあります。

わかりやすい文書を書くのは当然として、説得力のある文章、面白い文章を書く事も大切な能力です。これは日々の仕事がまさに訓練です。

このプログも全部自分で書いています。

そろばん

そろばんは、少し今風に置き換える必要がありますね。

私はこれをICT能力と読み替えています。そろばんは、もともとは、計算をする道具、電子計算機こそが、パソコンでした。

今日的には、ICT技術は、すべての仕事において必須の能力です。

私はHTMLの知識とかデザイン系のソフトの使い方を、学生中に覚えましたが、WORDPRESSの知識とかは、このサイトをつくる際にも大変役立っています。

今後起業を目指す方は、かならずこの知識を勉強しておく事をお勧めます。

また今後絶対に勉強したい分野としては、プログラムがあります。

アプリの開発やHPの作成のみならず、これからIoT時代になると、簡単なプログラムができる事は、とても大切だなと思っています。

現代の仕事の最低限の掟

仕事をする為の能力は、いろいろありますが、今回はいつも考えている現代版、「読み書きそろばん」について、書いてみました。

この能力がないと、仕事がそもそもできない世の中です。「外国語含めた読み、WEB含めた書き、そしてICT」これこそ、現代の仕事の最低限の掟と言えると思います。

タイトルとURLをコピーしました