会社設立にかかる費用はどれくらい必要なのか???

実際の運営について
Facebook

株式会社を設立するにはいくらくらいの費用が必要なのでしょうか?

この記事ではそんな株式会社設立にかかる費用についてまとめました。

株式会社の設立にかかる費用

大きく分けて株式会社を完成させためには大きく分けて3つの費用が必要です。

1、株式会社設立にかかる実費
2、謄本や印鑑証明など設立後に必要な費用
3、資本金

では、この三つについて具体的に見ていきたいと思います。

1.1株式会社設立にかかる実費

株式会社の設立費用は242,000円です。

これは役所に支払うお金です。

このうち40,000円は定款に貼る収入印紙代というものなので、「電子定款」を選択すれば不要になります。

電子定款の作成には専用機器が必要になりますので、会社設立の専門家に依頼せず、自分一人で会社設立を完結しようと考えている方は、242,000円の実費がかかると考えてください。

会社設立設立フリーを使いましたが、このソフトを使えば電子定款の作成も行ってくれるのでおすすめです。

■会社設立freee
https://www.freee.co.jp/lp/launch/05/?referral=aw_f_launch&gclid=CjwKCAiAluLvBRASEiwAAbX3GZ1Sr_gTC2UkDHFskJjpkJIU2p9ULFaRg-cCGni4JSu4orpaDBoYQBoCfgUQAvD_BwE

株式会社の設立費用のこの内訳は次のとおりです。

・定款の認証手数料:50,000円
・定款の謄本手数料:2,000円
・設立にかかる登録免許税:150,000円
・定款に貼る収入印刷:40,000円(電子定款の場合はいらない)

1.2その他必要になってくる費用(会社印鑑、謄本等)

会社設立をすれば終わり、、ではなく、設立後にもお金がかかります。

・設立時に必要な個人の印鑑証明取得費:約300円×必要枚数
・新しく設立する会社の実印作成代:約5,000円程度
・新しい会社の登記簿謄本の発行費:約500円×必要枚数

謄本は税金手続きなど、色々な場面でそれぞれ必要になります。謄本をもらう際に印鑑証明があると手続きがスムーズにすすみます。

以上、約10,000円程度以上の出費になります。

また、それ以外にも名刺作成やホームページ作成、サーバー、ドメイン取得など会社を運営するにあたって必要なものはたくさん。

これらの設立に必要なことについては順を追ってまとめてあります。

また、会社設立の専門家に代行を依頼した場合、その代行手数料がかかりますが、これは依頼する事務所によって色々です。

しかし、会社設立は大きなイベントです。

代行するのもいいですが、一から作ることで会社に対する愛着もより一層増すのではないでしょうか?

1.3資本金

最後に必要な費用は資本金です。

株式会社の資本金は、昔と違って今は1円からでも設立ができます。

ですので、ここは会社によって様々ではないでしょうか?

しかし、設立時から資本金を1,000万円以上にしてしまうと、消費税の面で不利になったりすることもありますのでご注意を。


事務所の登記場所として、バーチャルオフィスをつかうという手もあります。

まとめ

ではここまでのことをまとめますと、

◎株式会社を設立するために役所に納める費用
→ 242,000円

◎株式会社を設立した後で必要な費用(謄本、印鑑証明、会社印鑑など)
→約10,000円

◎設立時に必要な資本金
→これは会社によってそれぞれです。1円から可能です。

この3つが会社設立にかかる費用です。全ての手続きを行うのに約1ヶ月ほどかかりました。

色々ややこしいことを書いていますが、費用の準備をした上で会社設立freeeを使って順番に作業を進めていくと、漏れることはありません。

質問等あればお気軽にお問い合わせ下さい。

タイトルとURLをコピーしました