仕事場所を自分で選べる私にとっての好きな場所

実際の運営について
Facebook

わたしが行ってる仕事は、基本的に書類を作ったり、デザインをしたり、会計の処理をしたり、プログやFBを書いたりが多くて、営業や会議等で、お客様と会うとき以外はほぼパソコン1台があれば行うことができます。

そこで今回は、そんなわたしが仕事を行ってる場所についてお話ししたいと思います。

実は、この仕事場所を自分で選べると言うのは、私が起業をした中でも、すごくよかったなと思う事の一つなんです。

そうなんです、サラリーマンやOLとは違い、自分で仕事をしていると仕事場も自由なんです。

作業にあった仕事場所を。

ではそんな作業場所について紹介していきたいと思います。

1、カフェ

私はカフェで作業することが一番多いです。

周りにもパソコンに向き合って仕事をしてる人がいますし、打ち合わせをしてる人も多いので、刺激になります。

カフェは、雰囲気もよくて、おしゃれですし、音楽や観葉植物とかもあって、作業がはかどります。

特に、わたしはその日に作業する内容に合わせて場所をチョイスしています。

色んな所のカフェで仕事をしていると、何か月かしてまたそのカフェに来た時、先回そういえば、こんな事したなーーと思いだしたりして、いい気分です。

わたしは、だいたい3時間くらいで集中力が切れるのでその時間になったら次のお店へと移ります。

またお店側からしたら、カフェラテ1杯で3時間は十分・・・・かもしれませんね。(笑)

2、電車

電車では、パソコン開くのは難しいので、主にスマホのメモ機能などを使って、アイデアや発想を合間合間の時間にまとめたりしています。

私はIphoneとMacを使っているので、メモとパソコンと連携させているので、後でパソコンを開いたときに、そのまま続きから作業ができるので便利です。

また、ツイッターの更新、Facebookの更新などもこの時間にさっと行います。

3、ホテルのデイユース

ホテルのデイユースはがっつり仕事を行いたいときや、現実逃避したいとき、非日常感を味わいたいときなどにおすすめ。

意外と知られていないのですが、普通に泊まると結構な値段がするホテルを同じ条件で使えるんですよ。

またこれがいいのは、利用時間がチェックアウトまでできちんと決まっているので、時間を逆算して緊張感をもって仕事ができる事ですね。

だいたいデイユースは、3から6-7時間が多いです。

とりわけ、温泉などがついているホテルであれば、疲れたときにも簡単に気分転換もできます。

逆に気分転換しすぎてしまわないように注意もいります。(笑)

4、カラオケ

意外と穴場なのが、カラオケです。わたしは意外と集中できる場所なんです。

確かに机がって、個室だし、飲み物もでるし、当たり前ですが、作業の合間に歌って気分を変えれますし。

自分を制御して、ちょっと疲れてリフレッシュしたいなというときにおすすめです。

5、大学の図書館

わたしは現在現役大学生なので、大学に行った際はちょっとだけ図書館に寄って作業をしたりします。

とても静かなので資料を作ったり、デザインをまとめたりなど集中したい作業を主に行います。

静かすぎて眠くなってしまうので、私的にはカフェとかの方が好きかも・・・

集中が必要なときにおすすめな場所です。

6、家

わたしは基本的に家で長時間の作業は行いませんが、朝起きてから家を出るまでは家で作業を行なっています。

家ではメールの処理、顧客対応などのルーチンワークを行います。

家をでる時間は決まっているので、そこを意識しながら、決めたルーチンワークを午前中に行なってから、用意をを済ませて、外に出ていくことが多いです。

さいごに

以上のように常に仕事の内容をきちんと頭にいれて、その日の予定に基づき最も作業効率があがるように意識して場所を選んでいます。

でもこれができるのは、起業した一つのよかった点だと思っています。

タイトルとURLをコピーしました